葺き替え工事


リフォームマイスター

葺き替え・カバー工法


メインメニュー

サブメニュー

その他メニュー

運営会社情報


協力業者募集

葺き替え・カバー工法

住宅修理・リフォーム

工場・倉庫屋根修理

耐震診断

yakusoku

ハウスプロデュース

太陽光設置お任せ隊

リフォームマイスター

木耐協

TOP >  葺き替え・カバー工法 >  葺き替え工事

下地から一新するには葺き替え工事

葺き替え工事のタイミング

築10年以上の、主に瓦屋根へなら葺き替え工事

瓦以外の屋根材はカバー工法が使えることが多いので、選べるのなら大抵はカバー工法を行う方がメリットが多いと思います。

屋根材の下地まで腐食している場合は、カバー工法ではどのような屋根も修理できず、葺き替えを選択することになります。

このように、下地から全て、屋根を丸ごと一新するのが葺き替え工事ですので、築年数で考えるよりも、根深い屋根の劣化、屋根の軽量化、屋根素材の一新のために葺き替え工事を選択肢にしてください。


葺き替え工事のメリット

屋根の機能が新築同様に

屋根を丸ごと新しくするため、防水効果、断熱効果、見栄えなどが全て新品になります。耐久年数も15年~20年は延ばすことができます。


屋根を丸ごと軽量化が可能

表面だけでなく、屋根の下地から最新の素材に変えることができるため、断熱・遮音を備え、軽量化に優れた屋根にすることが可能になります。

屋根が軽くなれば住宅に与える負荷が軽くなり、耐震性がアップすることもあります。



屋根の修理、点検の目安

新築
特に注意するのは、風の通り道、風が当たる壁下部分、日陰部分、を念入りに目視して下さい。瓦の浮きが出ていたり、カビが発生していると、そこからが傷みの始まりで、ゆくゆくは雨漏りに繋がります。

築5~7
ほとんどの屋根材は目に見えて劣化が始まっています。この年数で少し早いと思われるかもしれませんが、実はこの時期で最初のお手入れを行いますと、屋根の寿命がグーンと延びます。

傷みは強い風雨の当たる所からスタートし、徐々にその周辺へと広がります。この時期に点検を行い、雨漏り予備軍の芽を摘む事が大切です。

築10~
屋根に限らず家全体の総点検の節目の年、家全体の老朽化も始まっており、歪・曲がり・傾きにより、屋根の下地に影響を与えています。
加えて風雨による上からの圧力により、屋根材の浮き・ひび割れ・隙間が発生し、雨漏りの原因となります。

スレ-ト系の屋根材は塗装を施す事で一時しのぎになりますが、根本的な補修とは言えません。カバ-工法で既存屋根を覆える屋根材はこの時期の施工が良いと言えます。

雨漏り修理お任せ隊なら、屋根の点検・診断もお任せください!

「あっ」と思ったら、今すぐお電話を!

電話番号


お任せ隊は屋根のプロフェッショナル

自慢の施工術、葺き替え工事!

画像1お任せ隊を運営している株式会社ハウスプロデュースは、屋根工事のプロフェッショナルとして、この度創業20周年を迎えるに至りました。

年間400件にも上る施工数には雨漏り修理のみならず、葺き替えなどの屋根工事・補修も含み、お客様からの「ありがとう、助かったよ」というお喜びの言葉が何よりの実績と感じます。

まずは無料お見積りからお気軽にお申し付けください。見積もりを確認してからご発注の判断いただくようにしております。お任せ隊はお客様に安心してご利用いただけるよう「無理な営業はしない」「徹底サポート」「適正価格」の三つをお約束いたします。


約束①「無理な営業はしない」

 無理な営業、不安をあおるようなことは致しません。何事もお客様に説明・ご相談をし、ご了承をいただいてからステップを進めます。


約束②「徹底サポート」

 雨漏りが直るまで(通常修理等の工事が終わった後も)万全の保証体制で徹底的にサポート致します。


約束③「適正価格」

 無駄がなく、それでいて適切な工事のみを行うことによりお求めやすい適正価格をご案内致します。

画像1


実績の豊富さが自慢の一つでございます。様々な形状の屋根工事にも全力で対応いたしますので、屋根のことならなんでも雨漏り修理お任せ隊までご相談ください。


〒550-0005 大阪市西区西本町3丁目1番46号 奥内ビル7階
TEL:06-6535-1212 FAX:06-6534-1416
フリーダイヤル:0120-751-126
E-mail:info@en-reform.com

Copyright (c) 2015. House Produce co.,ltd. All Rights Reserved.